日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座
8月01日(日) | zoom開催

日常を創造的にする為の、脳の認識が持つクセを理解する講座

お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

8月01日 9:00 – 13:00
zoom開催

イベントについて

この講座は、

脳の認識構造と考え感情の関係を明らかにし、日常を創造的につくりだす技術をお伝えします。

具体的な課題を持ってご参加いただけると、課題との関係や解決への道筋が見えてくるでしょう。

この講座で知ることができる内容は、ご自身のあらゆる事象に変化を与えることが可能です。

◆脳が映し出す世界

人は、部分しか見ていないのに、その情報だけで世界の全てを決めつけてしまう、妙なクセを持っています。

例えば

あなたの目の前にコップがあるとします。

ブランドもののコップです。

しかも年代物。価格は数万円。

このコップ、実際に私たちが見ているのはコップではなく、光だけです。

そう、実は光の反射しか見ていません。

脳は、光の反射や濃度の違いを処理して、その形、模様、色合いを見せています。

その光にコップと名前を付け、ブランドや年代物というキーワードから連想した価値を決め、その価値で存在の全てを見続けてしまいます。

存在の「ありのまま」を見ているのではなく、自分勝手に決めつけた「価値」を見てしまっています。

これと同じことを「人」に対しても行ってしまいます。「自分」に対してもです。

◆脳の認識のクセの影響

「部分」だけしか見ていないのに、その情報だけで存在価値の「全て」を決めつけ、関係性を創り、人生を決定してしまいます。

ここから生まれる摩擦・衝突はいたるところで繰り返されています。

これは、脳の中で起きている「認識のクセ」が引き起こしています。

これが理解できればこんなことが分かります。

◆日常の変化

「他人から認められたい」と思ってしまう方は、

自分を含め、誰からも認めてもらえていない世界を見続けてはいないでしょうか。

なぜ、他人から認められたいと思ってしまうのでしょうか。

「うちの子どもは、何もできない」と思ってしまう方は、

自分が見ているポイントだけでこどもの全てを決定していないでしょうか。

では、どうして誰もが相手を勝手に決めつけてしまうのでしょうか。

「プレッシャーでうまくいかない」と思っている方は、

自分のことでいっぱいいっぱいになっていませんか。

では、なぜ自分の心の平和が簡単に崩れてしまうのでしょうか。

「充実はしているが、何か足りない」と思っている方は、

本当に満たしたいものを探しているのではないでしょうか。

では、どうして何か足りないという欠乏感が消えることがないのでしょうか。

脳の認識のクセは人間共通の仕組みです。

この仕組みを理解することで、自分自身の変化の軸だけではなく、相手との疎通の軸を持つことが出来ます。

ここで生まれた気付きや発見が、その心に「深さ」と「広さ」を与えるはずです。

◆講座の内容

前半では、

・脳が世界を認識する仕組み

・考えや感情の仕組み

この二つをシンプルな構造でお伝えし、この構造からどのように「日常の課題」が生まれるのかの仕組みをシュミレーションします。

後半は、

『では、何をどのように変化すればいいの?』

「コミュニケーションの工夫」

「自分の考えを客観的に観て変える方法」

「人間関係の再構築のヒント」

をご紹介します。

◆受講推奨環境

・Wi-Fiなどの通信環境でのご参加を推奨いたします。

・共有された画面に入力可能な環境でご参加ください。スマホよりもPCやタブレットなど大きな画面でのご参加を推奨いたします。

この機会をぜひご活用ください。

チケット詳細
価格
数量
合計
  • チケット
    ¥3,000
    手数料 +¥75
    ¥3,000
    手数料 +¥75
    0
    ¥0
合計¥0

________