いつかの未来のために、今を犠牲にしない

いつかの未来のために、今を犠牲にしない




「もしかしたら」

「〇〇な事が起こるかもしれない」

「〇〇が終わったら…」



いつか、いつか、と思っているうちに、あっという間に時間は過ぎていきます。

そして、いつの間にか、こんなに時間が過ぎてしまった、こんな年齢になってしまった、という事態を迎えてしまう。


少なくない話です。


特に自分にとって新たなチャレンジをする時に、出てきやすい考えですね。

ちょっとした勇気、ちょっとした理由、ちょっとしたきっかけ、それさえあればと振り返っても後の祭りです。



多くの人の課題や悩み事を聞いていると、もう答えが出ていたり、方向性は定まっていたりという人がいます。

それでも、前に進めないのは、「現実」という理由です。


経済的に余裕がなくて、他人にどう思われるのか、仲間に迷惑をかけてしまうかも・・・


そして、過去の「経験」から来る理由も多いですね。

「どうせ、また無理だろう」「私には難しいんだ」「もう、それは分かっている」とかとか、つい思ってしまう。

思ってしまったら、そこが覆されない限り前に進めなくなってしまいます。

でも、それって本当に心から考えたいことでしょうか?




◆現実とは何か?


認識技術・nTechでは、現実とは脳が認識した世界のことを指しています。

私たちは、脳の認識構造でみた世界に対して、単語を付け関係性を秩序立てて現実を構築しています。

つまり、自分にとっての現実とは、自分自身が秩序立てて創り出した世界のことです。


目の前で何が起きようと、それをどう思うのかは自分次第です。

相手が何を言ようと、それをどう思うのかは自分次第です。


どう思ったのかの結果が、自分が見た現実となります。


例えば、

買い物中に、知らない人から「指摘された」時、

それを自分がどう思うのかで、何が起きたのかが決定され、さらに考えや感情が重なっていきます。

・「注意された」と思ってしまえば、「私は何も悪くないのに・・・」と考えが重なる。

・「気付かせてもらった」と思えば、「今日は何かありそうだな、落ち着こう」と考えが重なる。


この経験を人に話すときは、より分かりやすいですね。

・注意されたと思った人は、怒りぎみに「こんな嫌なことがあったの!ちょっと聞いて!」と話すでしょう(笑)

・気付かせてもらったと思った人は、「今日さぁ、いいことが起きたんだよー」と話しますね。


自分にとっての現実とは、自分がどう思ったのかです。





◆現実を乗り越えるには?


現実は自分がどう思ったのかということでした。

ということは、現実を越えるというのは、自分の思いを越えるということ、つまり、自分を越えるということになります。


いい変えるなら、

・○○と思ってしまう自分を越える。

・○○な感情が出てきてしまう自分を越えるですね。



越えるには勇気が必要です。

その勇気がなかなか持てない、一歩踏み出せないという人は、こんないメーシを持つといいかもしれません。


なぜ、勇気が必要になるのかといえば、知らない世界に出会おうとするからです。

玉子の殻の中しか知らない自分が、外の世界に出て行こうとするのです。


・外に出たらもう戻れないかもしれない。

・外に出ることでこれまで蓄積してきたものを無くすかもしれない。

・そんなリスクを負うくらいなら、今のままでもいいんじゃないか。


こんな風に、今までを基準にしてしまうとより強い勇気が必要になります。

でも、外を基準にするとどうでしょう?


自分が知らない世界には、これまで出会うことができなかった、いろんなチャンスや可能性がたくさん転がっていることになります。

本で読んで響いたことを、出会った目の前の人が語ってくれたり、

自分が気にしていることを解決しちゃった人がいたりします。


自分の具体的な変化のモデルや材料がたくさんあるのが、「自分が知らない世界」なんです。




◆知らない世界と出会う準備


ぶっちゃけ!、どうせ、生きていれば、「知らない世界」と出会わざるを得ません。


知らない世界と出会うのは、身体の新陳代謝と同じです。

新陳代謝を繰り返しながら、身体は健康な状態を創ろうとしています。

古い細胞は身体から離れていき、そのことで新しい細胞が生み出されていきます。


自分の世界も同じです。

過去の決めつけや情報知識、古い自分自身もどんどん新しく生まれ変わらないと、固定概念で凝り固まってしまいます。

当然、そういう人と仲良くなりたい、話を聞いてみたいなんて思う人はいません。

何より、自分が自分のことをつまらなく思えてくるはずです。



常に新しい自分に変化していくことは、ごくごく自然で健康的なことです。

知らない世界と出会う準備があれば、心の準備もできて安心が増していきます。

器が広くなるんですね。


準備というとちょっとめんどくさいイメージが来たりもしますが、ここではシンプルにお伝えします。

それは、「自分が人生において大切にしたいキーワードをひとつ決めておくこと」です。



誰もが、「大切にしたいと思っていることを、大切にできる人生を創っていきたい」と思うはずです。

でもこれがなかなか難しかったりしますよね。

色んなしがらみとか、人間関係とか、すべてが思うようにはいきません。

これはすべての人に共通することです。


当然、「知らない世界」にいる人たちにも当てはまります。


「私は、大切にしたいと思っていることを、大切にできる生き方をしたい人です」

これは、無意識に思っていても、言語化できる人はあまりいません。

すると、相手からはこんな質問が来るでしょう。


「何を大切にしたいの?」


そこに、自分のキーワードを伝えるんですね。

そこでこんなことを一言添えるだけで、知らない世界にいる人たちと友達になれるはずです。

「この世界(新しく出会った世界)には、〇〇がありますか?」


もちろん、これは入り口でしかありませんが、はっきりとしたきっかけにはなります。

自分が大切にしていることがその世界にあったとしても、無かったとしても、それで勝手に判断するのではなく、出会いを楽しむことが必要です。

新しい情報知識と出会って、新しい自分を発見すること。


この状態になったら、「いつかの未来のために、今を犠牲にする」ことなんてありえませんよね。




◆まとめ


・現実とは、自分がどう思ったのかです。

・自分が知らない世界には、これまで出会うことができなかった、いろんなチャンスや可能性がたくさん転がっている

・自分が人生において大切にしたいキーワードをひとつ決めておくこと。

・「私は、大切にしたいと思っていることを、大切にできる生き方をしたい人です」

・新しい情報知識と出会って、新しい自分を発見すること。



具体的な変化に挑戦したいなら、まずは現在地を確認するところからです。

ぜひ、一緒に変化を一歩ずつ結んでいきましょう!





0回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com