poem : 赤ん坊の心ように


まだ小さい身体で

ありったけの声で泣く

全部出しきるように

まだ小さな顔で

ありったけの笑顔で笑う

輝く星のように

まだ小さな足で

ありったけバタバタ動く

出会えた感触を確認するように

まだ小さな姿で

静かな呼吸と鼓動で寝る

心の平和そのもののように

みんなそうだった

今も素の心はそのはずだ

みんな。

#ポエム

2回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com