人生を幸せにするのは何? 最も長期に渡る幸福の研究から。 ロバート・ウォールディンガー


by TED

一生を通して私たちを、健康で幸福にしてくれるのは何でしょうか? もし、その答えが分かったら、あなたの人生も健康で幸福に満たされるかもしれませんよね。

75年にわたって、年間724人もの男性を追跡した結論が、ハーバード成人発達研究により、TEDにて発表されています。

『人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から』

追跡といっても、ただ、質問表を送ることをやってきたのではなく、参加者へのインタビューや、医療記録、血液検査や脳画像。家族から話を聞いたり、奥さんと気がかりな事に関する会話を撮影したりと、なかなか本格的で忍耐を持って継続された研究です。

その結論は、ズバリ「良い人間関係」に尽きるということ。 富でも名声でも、無我夢中で働く事でもなく、75年に渡る研究から、はっきりと分かった事が良い人間関係だったのです。

TEDの講演の中では、良い人間関係をつくることについて、3つの教訓を伝えています。

第一に。 周囲とのつながりは、本当に健康に良いということ。

逆に孤独は命取りで、家族や友達、コミュニティとよくつながっている人ほど、身体的に健康で、つながりの少ない人よりも、長生きするということが分かったそうです。

第二に。 老年における健康と幸福をもたらしてくれる。

80代になった人の、50才の頃に得たデータを全て集めてみると、中年のコレステロール値等とは関連性はなく、どの様な老年を迎えるかは、当時の人間関係の満足度で予測されるほど、明確なのだそうです。 50才で最も幸せな人間関係にいた人が、80才になっても一番健康だったというデータが出ています。

第三に。 良い関係は、身体の健康だけでなく脳をも守ってくれる。

何かあった時に、本当に頼れる人がいると感じている人の記憶は、はっきりする一方で、パートナーには全く頼れないと感じている人には、記憶障害が早期に現れ始めるのだそうです。

人間関係が人生を豊かにしてくれるという教えは、どこの国でも同じですよね。 親が子どもに友達を大切にしなさいと教えることも同じです。

とは言っても、人間関係をより良くしていくのは簡単ではありません。

複雑ですし、相手をコントロールすることも出来ません。

この研究で繰り返し示されているのは、人間関係に頼った人が最も幸せに過ごして来た人だということ。

もちろん、この関係は依存ではなく、相互に作用し合える関係ですね。

日本人はあまり人間関係に頼るということをしにくい文化を持っているように感じます。

僕自身も、あまり頼るということはしない方です。

少しずつ頼ってみるのも、いいのかもしれませんね。

#TED #映像 #幸せ #人間関係 #ロバートウォールディンガー

452回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com