幸せを感じれる考え方、幸せを感じれない考え方


今の私は、幸せを感じられているのかなぁ?

日常に忙しくなると、こんな問いを考えることもありませんよね。

自分の日常を支える根底に対する問いを持つことは、とても大切なことです。

「いつもと同じ日常が続いている」

「パッとしたいな」

「こんな毎日でいいんだろうか」

そんなことを感じていると、疲れた日々が繰り返されることになります。

まず、前提がここに潜んでします。

どんな日常を送るのかは、全て自分次第!

ということです。

そして、何か起きないかと、待っている状態こそが、日常をつまらなくさせてしまう原因そのものです。

友達が声を掛けてくれたり、イベントに参加したとしてもそれは一時的なもの。

あなたをずっと幸せにしてくれるものではありません。

「誰か変えてくれないかな」と思っても、自分とピッタリのサプライズは、なかなか来てはくれません。

それよりも、「自分は何を感じていたいのか?」から始めてみることが大事です。

自分ではない誰かに、「自分を変えてくれる何かを求める」のではなく、「自分自身が何を感じ続けていきたいのか」「それはどんな出会いによって起きるものなのか」をじっくりと感じ、考えていくことです。

あなたの人生は、あなた自身が創り出しているもの。

何をするにせよ、その法則は変わりません。

ちょっと外に出て、散歩してみてはどうでしょう。

太陽との出会い、風との出会い、車の音や草木の色。そんな出会いを自分はどう感じているのかと確認するところから始めてもいいかもしれません。

日常の中にほんの10分でも、「出会いによって感じた心の動き」を認識する時間を取り入れることは、幸せを感じれる考え方を育てることになります。

#自由 #創造主 #認識次元 #感情 #解析の結果

25回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com