現代社会が直面する時代的・文明的危機とは何か?


西洋のパラダイムが生み出した現代社会の秩序が、あらゆる側面から大きく崩れ去ろうとしています。今までの成功や幸せの価値基準は通用しなくなり、新しい社会像、新しい生き方を模索しつつも、誰もその方向性を見いだせずにいる現状が続いています。

困難な時代を生き抜く知恵、新たな時代を創造する智慧は、ひとえにその時代の「危機の本質」と「変革の方向性」を洞察できるか否かにかかっています。

「危機の本質」「変革の方向性」を明確にすることは、未来を創造するための「今」を手にすることでもあります。

では、このブログの土台となっている教育コンテンツの認識技術・観術は、どのようにこの時代を見ているのか。そして、どのような未来を今ここに手にしているのかを、ご紹介したいと思います。

人間という生命体は、言語を操り、高度な思考・理性を働かせ、多様な社会経済システムを構築しながら、物質文明を進化させてきました。

しかし、500万年間の人類文明の発展の最先端である超高度情報・科学技術は、人間の尊厳性そのものを根底から破壊しかねない非常に危険な状態を生み出しています。

その超高度情報・科学技術の究極がAI(人工知能)です。

AIは、利便性と可能性の側面を見れば、素晴らしいものであるといえますが、同時に人間の生産活動を代替し、人間の能力をあらゆる面で越えていくことは明らかです。

AIは近い将来、間違いなく人間の雇用を奪い、存在意義を喪失させ、人間の尊厳性を問い続ける存在となるでしょう。

AIの社会進出による「雇用なき経済成長」という恐ろしい時代に突入する一方で、低迷が続く経済を活性化させるために金融政策に依存し、マネーを印刷し続けることは、ハイパーインフレの危険性をもはらんでいます。

さらにマイナス金利までも導入している現状は、もはや資本主義の破滅、資本主義モデルそのものの根本破たんを意味しており、それゆえに文明の危機そのものでもあるのです。

さらには、イスラム国に代表される無差別テロなども、今や遠い国の関係のない出来事ではなく、核テロ戦争の可能性とも向き合わざるを得ない状況にあります。

また、加速度的に増え続ける膨大な情報は、人間を思考停止状態へと追い込み、ウツなどの精神疾患が今後爆発的に増大していくことが予測されます。

時代の変化速度があまりに速いため、このような急激な社会経済構造の変化は予測困難でした。現代は、昨日までの価値観やルールが、今日にはもう変化してしまっているという激動の時代なのです。

そして、されに問題なのは、これらの問題の深刻さに本当に気付いている人が誰もいないということ。

それが、より危機を深化させている重大な危機の本質です。

その方な時代の中で、新しい未来秩序の代案を提案しているのが、認識技術・観術であり、NohJesuです。

--------------------------------------

認識技術・観術は、「なぜ?反日教育を受けた韓国人が、20年も日本の方向性を語り続けているのか」でもご紹介したとおり、その始まりは韓国人から始まりました。

2016年は、Noh Jesuと彼の育てた日本人講師とともに、全国を回り講演をするプロジェクトが動いています。

ぜひこの機会に、この人物とみている世界に触れてみてください。 全く新しい世界を創る力動がここにあります。

6月4日(土)東京都市センターホテル 3Fコスモホール 「志を立てるのは今!~2020年、日本が甦り、アジアから共生文明が始まる~」 林英臣×Noh Jesu トークライブ

林英臣 「経営の神様」故・松下幸之助氏の松下政経塾の精神を受け継ぎ、日本改新・文明維新を主導する政財界の人材を育成・輩出している「綜學」と、林英臣政経塾。 Noh Jesu 韓国人でありながら20年間一貫して日本発の文明の大転換・Next Renaissanceを確信し、人工知能を越える革新的な人間教育を基軸に、西洋近代のパラダイムを越えた明治維新の完成を提唱する「認識技術・観術」と、尊厳塾。

#変化 #NohJesu #現実 #観術

45回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com