時代的・文明的危機をチャンスに大反転させるJAPAN DREAMとは?


この時代の閉塞的危機を打開し、新しい秩序を生み出す唯一の道は、一時的・表層的・対処療法的な変化の道ではなく、人間活動のもっとも根本の革命的変化から発する文明構造全体の立て直しの道であると、認識技術・観術は考えています。

それは、現代文明をリードしてきた基層となっている西洋のパラダイム、西洋的認識方式、西洋的価値観の限界を超える「認識革命」から始まります。

脳機能の根源的問題を根本から解決する「認識革命」を土台とした新しい教育は、AI(人工知能)には到達不可能な領域を開発・開拓し、人間の無限の可能性と尊厳性を開花させることを可能にします。

また、認識革命は経済活動とも直結し、IT経済移行の新しい経済大陸を広げ、人間にしかできない仕事、職業を終わりなく生み出していくことができるでしょう。

時代的・文明的危機をチャンスに大反転させ、世界に希望をもたらす可能性を持った国、日本が世界に発信すべきJAPAN DREAMの全体像がどういうものなのか、そして、どのような方向性とビジョンで実社会の変革に挑んでいくのかをお伝えしています。

「この人類が抱える文明の危機を解決したい」という「理想」から出発したムーブメント構築が、尊厳塾システムです。

世界73億人をWIN-WIN、ALL-WINに導く尊厳文明の創建がJAPAN DREAMです。

--------------------------------------

認識技術・観術は、「なぜ?反日教育を受けた韓国人が、20年も日本の方向性を語り続けているのか」でもご紹介したとおり、その始まりは韓国人から始まりました。 2016年は、Noh Jesuと彼の育てた日本人講師とともに、全国を回り講演をするプロジェクトが動いています。

ぜひこの機会に、この人物とみている世界に触れてみてください。 全く新しい世界を創る力動がここにあります。

林英臣×Noh Jesu トークライブ 林英臣 「経営の神様」故・松下幸之助氏の松下政経塾の精神を受け継ぎ、日本改新・文明維新を主導する政財界の人材を育成・輩出している「綜學」と、林英臣政経塾。 Noh Jesu 韓国人でありながら20年間一貫して日本発の文明の大転換・Next Renaissanceを確信し、人工知能を越える革新的な人間教育を基軸に、西洋近代のパラダイムを越えた明治維新の完成を提唱する「認識技術・観術」と、尊厳塾。

#JAPANMISSIONPROJECT #国家 #観術 #NohJesu

11回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com