本当の自分を探しています 問答


今回は、ちょっとした問答をご紹介します。

とあるお坊さんがやっている勉強会に、「本当の自分」を探している人が相談にやってきた、という話です。(パパジ、私に『私』と会わせて下さい!)より

ある崇高だと評判の坊さんに相談に来た人がいます。

相「本当の私を探してします」

坊:うん。そうなんですね。では、あなたの探している本当の私はどこにいますか?

相 :それが分かりません。

坊:そこへはどんな手段で行きますか?

相:それを知りたくてきました。

坊:車で行けそうですか?それとも飛行機?船かな?、歩いていくの?

相:それでは行けません。

坊:なぜ?

相:・・・

坊:なぜ?行けないの?

相:ここにいるからです。

坊:どこにいるの?

相:ここにいるからです。

坊:誰が?

相:私がです。

坊:そう、今ここにいるよね。

相:・・・

坊:あなたが探しているのは、今ここにいるんだよ。

相:???

坊:あなたが探していたところは間違っていたよね。

相:・・・

坊:あなたの探し物は、どこにいる?

相:・・・今ここです。

坊:もう、そこから動いてはいけないよ。どこへ行こうかと考えてもいけない。感じようとしてもいけない。それらは動きだから。

相:!

坊:動きはじめると、また、違うところへ探しに行っちゃうでしょう。

相:あぁ!(笑)

坊:本当の私はどこにいるの?

相:今ここにいます(号泣)

坊:それが答えだよ。

解説する必要はないかもしれませんが、少しだけ。

お坊さんは、「どこに」本当の自分がいるのか、という観点を使って、気付いてもらおうとしています。

相談者は、その質問が理解できずにいますが、最後には理解できて、探していた本当の自分にたどり着いた、という流れでした。

お坊さんの「どこへ行こうか考えることも動くこと」が、ポイントですね。

探し求めてしまう出発がすでに本当の自分ではない。

本当の自分から出発すれば、探す必要もない。

本当の私はどこにいるの?

今ここにいます。

#基準点 #観点 #認識

17回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com