意思決定が弱くて困っています 問答


ある崇高だと評判な神父さんに相談に来た人がいます。

相談者「意思決定が弱くて困っています」

神父:何を決めれないの?

相談:自分のことや将来のこと、何をするにも悩んでしまいます。

神父:自分のことを決め付けられるのはどうなの?

相談:とても抵抗があります。

神父:どうして?

相談:それは私じゃないと思うから。

神父:なぜ私じゃないの?

相談:勝手な決め付けだからです。

神父:自分のことはどう思うの?

相談:それは・・・。

神父:自分のことはどう思うの?

相談:決め付けると、自分ではなくなる気がします。

神父:何がなくなるの?

相談:・・・

神父:何か失うの?

相談:可能性です。

神父:可能性が失われるの?

相談:はい。

神父:それを決めているの誰?

相談:・・・

神父:それを決めているは誰?

相談:私です。

神父:自分の可能性を失わせているのは誰?

相談:わたしです。では、私はどうすればいいのでしょう?

神父:決め付けると可能性が失われるのね?

相談:そうです。私は私の可能性を潰していました。

神父:じゃあ、将来のこととか何に対しても、自分が決め付けると可能性が失われると思っちゃうの?

相談:思っています。

神父:自分の意思で決定はしてない?意思決定が出来ないんじゃなくて、可能性が失われるのが嫌なのね。

相談:そうですね、、、恐怖があります。

神父:可能性が失われたら、そのあとに残るものはなんなの?

相談:え、何でしょう。・・・・可能性、かな。

神父:可能性なの?(笑)

相談:そうだと思っているようです。

神父:失うものは可能性、残ったものも可能性。だったら、可能性しかないじゃない(笑) 可能性そのものを決め付けたら、何か失うものはあるの?

相談:失うものはありません。

神父:なぜ?

相談:・・・

神父:なぜ、失わないの?

相談:失うものがないからです。

神父:決め付けても、決め付けなくても、あなたには可能性がある。可能性を決め付けても、何も失わない。じゃあ、あなたは誰?

相談:可能性そのもの。

神父:あなたは誰?

相談:可能性です。

神父:何か失うの?

相談:何も失いません。

神父:どうして?

相談:失うものがないからです。

神父:そうよ、失うものなんて何もないんだ。それを忘れちゃだめだよ。いい?

相談:はい(涙)

脳は、

「足りない何か」を補うことを始めてしまうと、「補える何か」が自分以外のどこかにあるはずだと、錯覚してしまいます。

しかし、実は自分が何を「足りないと決めつけているのか」が重要なのです。

その決めつけた認識が、迷子の原因でもあり、あなたが探している答えのある場所でもあります。

今回は、そのことをお伝えしたくてこの内容としました。

ぜひ、ご自分の認識をオープンにする機会を、ご自分に創ってみてください。

#判断基準 #疎通の課題 #問題解決 #観点 #認識 #ストレス

22回の閲覧

​お問い合わせはこちら

@2020 by Yamada Yuki  Proudly created with Wix.com