世界を分けるバリエーション 自分と自分との関係編 one point up

疎通の課題を解決するやまだゆうきです。

今回は、前回に引き続き、世界を分けるバリエーションの自分と自分との関係編をお伝えします。


目次

◆そもそも世界を分けるとは何か

◆自分と相手との関係性において使う世界を分けるバリエーション

◆自分と自分との関係においてのバリエーション

◆まずは存在現象と認識を分けることから始める

◆自己否定を脱出する自己存在と自己認識

◆実用的な世界の分け方

◆使い方の順序

◆後記

(記事の最後のボタンから、動画で使用したスライドをダウンロードできます)

この世界を分けるバリエーションでお伝えしたいのは、世界の分け方次第で見える景色が変わることです。

目の前にある現象はひとつだったとしても、世界の分け方次第で、まったく別の感じ方、思い方が出来ることは、人間だからこそ出来ることでもあり、誰もが持つことのできる知性の一つです。

この知性を使うことが出来れば、じっくりと観察することが出来、今自分が気付くべきこと発見すべきことが見つかります。

今回は、自分との関係性において、使える世界の分け方をお伝えします。

◆そもそも世界を分けるとは何か

前回の記事でもお伝えしてるので、簡単に3つで振り返ります。

1.認識の基礎

目の前の世界をどう認識するのかの基礎力にあたるのが世界を分けるということ。

自分がどんな世界を認識しているのかは、世界をどのように分けているのかに対応しています。

2.観察が出来る条件

脳は比較を通して初めて観察が出来るようになります。

その世界が相対ではない場合は思い込みや決めつけの世界となります。


3.分け方次第で景色が変わる

同じ事象を目の前にしていたとしても、どんな基準で観察するのかによって認識した世界は変わります。その基準をつくるのが世界を分けるという行為になります。

◆自分と相手との関係性において使う世界を分けるバリエーション


前回の自分と相手との関係において世界を分けるバリエーションは、

・自分の認識と相手の認識を分ける

・自分の解析と相手の解析を分ける

・自分の問題と相手の問題を分ける

・自分の時間と相手の時間を分ける

・自分のアイデンティティと相手のアイデンティティを分ける

見ての通り、自分と相手を明確に分けることが共通していますね。

それだけ、私たちは自分と相手を分けることが出来ていないということでもあります。

私たちはついつい、

自分が見ている世界と同じ世界を、相手も見ていると思ってしまいます

自分が感じている世界を、相手も感じることが出来ると思ってしまいます。

自分が理解していることは当然、相手も理解できると思ってしまいます。

だからこそ、自分と相手を明確に分けることが必要だという内容が前回の記事でした。

◆自分と自分との関係においてのバリエーション

今回のバリエーションは、

・存在現象と認識を分ける

・自己存在と自己認識を分ける

・世界を現す瞬間と世界を現した後の世界を分ける

・海とお魚を分ける

・過去と今ここを分ける

自分の認識を観察する上で、最も初めに身に付けるべきスキルは、存在現象と認識を分けるになります。

残りの4つのスキルはすべて、認識領域の使い方の技術となります。

◆まずは存在現象と認識を分けることから始める

例えば、Aさんはどんな人なのか、という場合。

何をやっている人、こんな口癖がある、仕事が出来る人、話がしやすいけどクセもある、、、

などと思い浮かびます。

存在現象で見てしまうと、Aさんの話している内容やAさんの行動を前提に、Aさんはこんな人だと思い込んでしまいます。

この時、Aさんが本当はどんな人なのかを確認することなしに、自分が思い込んだAさんを前提に、Aさんはこんな人だからきっとこうするだろう、こんなことを感じているだろうと、勝手な思い込み小説が走り出してしまいます。

認識で見た場合は、そもそも自分が認識している世界と相手が認識している世界は全く違うことになります。

Aさんが何をどう思い、どう感じているのか、Aさんにとって〇〇とは何かは、Aさんに確認してみないと分かりません。

Aさんのことを〇〇だと思っていたのは、自分が勝手に思い込んでいた世界だったこと。

Aさんのことを勝手に決めつけ、自分が決め付けたAさんを前提に、あーだ、こーだと思い込んでいたことが理解出来ます。

そんな観察が出来て初めて、そもそも私は人とどんな関係を作りたいのか、どんな出会いをしたいのかと、自分の認識の変化や構築へと進むことが出来ます。 存在現象と認識が混同している状態から、明確に分けることが出来る状態へ、そして、存在現象は存在現象として、認識は認識として観察変化をつくっていくプロセスとなります。

◆自己否定を脱出する自己存在と自己認識

自己否定という行為は、自己否定を強いてしまう感情によって突き動かされた結果です。

それは、自分という存在を失う恐怖です。

誰もが、自分を現していきたいという欲求を持っています。

しかし、自分以外の存在や現象は、自分の思った通りにはいきません。

その時にどうしても経験してしまうことが、自分という存在の居場所や関係性の喪失の不安です。

動画でも語っている通り、実は、この恐怖は自己存在と自己認識が混同しているから起きることです。

自己存在は、他者との関係によって決定されるもの。

自己認識は、自分自身が意志決定していくもの。

この二つの世界を分けて、それぞれの箱の中に入れてじっくりと考えていくこと。混同させないことで、自己存在を否定するという受動と主体が混同した混乱を解消することが出来ます。

これが明確に出来るようになれば、自分の心の平和や尊厳は自分で守るものになります。

◆実用的な世界の分け方

後半の3つは、前半の2つの分け方よりも実用的な使い方になります。


「世界を現す瞬間と世界を現した後の世界を分ける」は、頭では分かっているけどなかなか身に付かないという課題に使います。

「海とお魚を分ける」は、人の話や自分の考えを脈絡で整理するときに使います。


「過去と今ここを分ける」は、考えることが出来る瞬間、世界をつくりだす瞬間である今ここを、過去の囚われに染めず、今ここから未来を生み出すために使います。

どんな分け方をするのかによって、観察する対象が変わります。

観察する対象が変われば、気付くこと発見することが変わります。

世界の分け方をいくつか技術としてストックしておくことで、ひとつの事象に対して、多次元的に観察することが出来るようになります。

自分が何を認識すべきなのか、自分は何を認識しているのかについて、深く思惟することが可能になります。

私たちの認識した世界において、「何を」(What)を統制することはとても重要です。

◆使い方の順序

動画の中でも使い方として、問いを持つことをキーワードにお伝えしています。

使い方の基本は、考えや感情を誘導することです。

別の表現をすれば、脳が持つ部分に着目するという認識機能を使い、どの部分に着目させるのか?ということになります。

脳は問いを定めることで、問いに関連した考えを走らせようとします。

1.世界を分けて観察しようとする時は、まずは問いを自分に投げかけましょう。

2.次に、分けた二つの世界に基づいて、それぞれ当てはまることを書きだしてみます。

3.現した二つの世界を比較しながら、自分がいま観察しようとしている対象と対話しましょう。

4.何か気付けることはないか、発見出来ることはないか書き出してみます。

5.観察した対象について、改めてどう思うべきか、何を感じるべきかを再規定します。

気付いたこと発見したことを「私にとって〇〇とは何か」にフィードバックすることで、自分がつくる自分の世界へ編入することが出来るようになります。

まずは、問いを投げかけて観察するところからトライしてみましょう。

◆後記

今回は、自分と自分との関係においての、世界を分けるバリエーションをお伝えしました。

正直、うまく伝えきれないもどかしさを感じています。

理想は、分け方次第で景色が変わる実感が伝われば、、、と思っているのですが、なかなか、難しいチャレンジでした。

世界を分けるバリエーションの情報を整理し発信できたのは、一歩前進かと思っています。

これからも脳の認識領域の開発を、誰もが分かり合える時代へ向けて、取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

動画で使用したスライドをこちらからダウンロードできます。

50回の閲覧

最新記事

すべて表示